【minimal art】vol.4 紅と黒の二色で表現するアーティストKanakoによるコラム



Amsterdamにあるクラブ。

De school】で描いた未完成の作品。

De schoolは専門学校の跡地を改築し、36524時間営業のライセンスをした新しいクラブ。


旅先で私は、キャンバスとペンを持って遊びに行きました。

『踊りながら描きたいの!』とお願いすると

『かっこいいね!やりなよ!』と快く受け入れてくれました。

Techno musicが流れる中、描き始めると

私も!俺も!と、

色んな人が集まってきて、

ペンを握ってもらい、踊りながら、

みんなのリズムをキャンバスへ描いてもらいました。


一晩で出来上がった、この作品は

もう2度と同じものは出来上がらない

パワフルな作品となりました。


ライン1つ1つにストーリーがあります。


未完成の作品をコラムに載せたのには、

これが生まれたストーリーこそが素晴らしいArtだと思うからです。


これをベースに私を絡めて膨らませて、作品として完成させて行こうと思っています。


Artは実験のようです。


沢山の人のパワーが混ざり合い、

自分ひとりでは生み出す事ができない、

プライスレスな作品。

ペンとキャンバスと人がいればできちゃう。



プライスレスなminimal art 実験。



IMG_6998.jpg



Kanako

IMG-5102.jpg



関連記事