大型ナイトクラブ「WARP SHINJUKU」、新宿 歌舞伎町に2018年秋オープン



2018年秋、新宿の歌舞伎町に新しい未来型ナイトクラブ「WARP SHINJUKU」がオープンすると発表されました。

歌舞伎町では約10年ぶりの大型ナイトクラブとなるこの「WARP SHINJUKU」。“世界から東京へ、東京から宇宙へ”をコンセプトに、100年後の東京をイメージした、大型スペースシップに搭乗し宇宙空間を移動するような空間デザインがなされ、様々な音楽ジャンルのイベントを3つに分かれたフロアでそれぞれ開催する予定、とのこと。場所は、TOHOシネマズ 新宿“ゴジラヘッド”と、新宿再開発の目玉となる歌舞伎町一丁目の国家戦略特区に隣接するスポットとなっています。

どのようなクラブ空間が、そして音楽が展開されるのか、注目でしょう。詳しくは以下をご覧ください。

店舗詳細
店舗名:WARP SHINJUKU(ワープシンジュク)
オープン予定:2018年秋
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 第二東亜会館ビル B1、B2
ティザーサイト:http://warp-shinjuku.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/WARPShinjuku/
Instagram:https://www.instagram.com/warp_shinjuku/
Twitter:https://twitter.com/WARP_SHINJUKU

WARP_IMAGE2.jpg

・世界から東京へ、東京から宇宙へ・
2020年の東京オリンピックを控え、海外からの訪日外国人が増加の一途をたどる中、東京のナイトシーン、ひいては日本のナイトシーンに“遊び場”が少ないという意見も増加しています。そこで、「世界から東京へ、東京から宇宙へ」をキーコンセプトに掲げ、世界中のお客様にも満足していただけるナイトエンターテイメントを新たに誕生させ、世界と日本とのシーンを融合する、宇宙で唯一無二のエンターテイメントを東京新宿歌舞伎町から発信していきたいと考えております。

・デザインコンセプト:100年後の東京・
大型のスペースシップに搭乗し宇宙空間を移動するような空間デザイン。映画や漫画に出てくるような、どこかレトロで懐かしい日本の情景を引き継いだ未来の世界観。「西洋と東洋」「未来と過去」などが融合し昇華した空間と体験を、ぜひご期待ください。

店舗概要
WARP SHINJUKUでは、平日週末を問わず夜通し楽しめることはもちろん、平日の終電まででも十分お楽しみいただけるような営業時間帯を設定いたします。一晩で幾度とあるピークタイムと、様々な音楽ジャンルのイベントを3つに分かれたフロアでそれぞれ開催することによって、様々な楽しみ方ができる総合プラットフォームとして多様性あるナイトライフを提案いたします。

注意事項
ご入場の際はIDを確認させて頂きます。顔写真付き身分証明書をご持参ください。当店の雰囲気にそぐわない服装(タンクトップ、サンダルなど)のお客様のご入場はお断りますので、予めご了承ください。


FUTUREGROOVE



関連記事