Spotifyが遺伝子鑑定でプレイリストを選曲するサービスを開始、DNA審査で音楽を判定 - ユーザーのルーツを遺伝子レベルで辿り、祖先の文化に準じた音楽が反映されるとのこと。



今月、インディペンデントで活動するアーティストに向けて、彼らが自由に音源をアップロードし、収益化できる新機能のベータ版を開始していることを発表したSpotifyだが、実はもうひとつ、それとは別に注目すべきサービスを開始している。

遺伝子レベルでハマるプレイリストを作るサービス

その新サービスは、アメリカ発の遺伝子鑑定サービスとして人気のAncestryとのコラボによるもので、ユーザーのルーツを遺伝子レベルで辿り、祖先の文化に準じたSpotifyプレイリストを作るというもの。サービスを使うにはまず、Ancestryのサイトに登録し、99ドルで採取キットを取り寄せ、唾液のサンプルを取り寄せる必要がある。その後、DNAが鑑定され、サンプルを提出したユーザーのルーツにマッチした遺伝子レベルでハマる音楽が選曲されたプレイリストが提供されるそうだ。

a6643cda-f263-4e83-8466-31a2a8917d88.png

こういった試みはアメリカのような多人種が暮らす移民国家だと、ヴァリエーション豊かな選曲のプレイリストが出来上がることになりそうだ。また日本にも古代には大陸から渡ってきた渡来人の血を引く人も暮らしていたり、ほかにも様々なルーツを持つ人がいるため、自分の遺伝子鑑定に興味がある人は、1度試しにこのサービスを使ってみるのも良いかもしれない。

イギリスやスウェーデンにルーツを持つ人向けサンプルプレイリストが公開中

なお、Ancestryは、現在、中東、イギリス、ドイツ、スウェーデン、韓国、東アフリカにルーツを持つ人用のプレイリストをそれぞれ公開している。それを見る限り、鑑定後に作成されるプレイリストは、例えば、イギリスにルーツを持つ人でであれば、現在同国で人気沸騰中のグライム系の曲が選曲されたり、スウェーデンならSwedish House Mafia、AviciiのEDMスターの曲が選曲されるようだ。果たして日本だとどんなアーティストの曲が選曲されるのだろうか? 気になるところだ。



source: https://www.ancestry.com/cs/spotify

block.fm



関連記事