GoogleがAppleに年間約1兆円を支払い?その理由



GoogleがAppleに約1兆円(90億ドル)払っているかもしれません。

約1兆円という巨額の費用を支払っている理由は、iPhone、iPadのオペレーティングシステムiOSのブラウザであるSafariのデフォルト検索エンジンをGoogleにするためだそうです。


iPhoneユーザーの検索は、ほぼGoogle?

Safariの検索エンジンは設定によりYahoo!、Bingなどに変更可能ですが、ほとんどのユーザーが変更せずにGoogleで検索しているのが実態。

結果、膨大なトラフィックがGoogleにもたらされています。

technology180202_apple_01.jpg


2019年には約1.35兆円になるかも?

その費用はGoogleもAppleも公表していませんが、アナリスト、ロブ・ハルが約1兆円という巨額の費用が支払われている可能性を指摘しています。

そして、その金額は2019年には約1.35兆円(120億ドル)に増加する可能性があると予測しています。


GoogleとAppleは利益最大化のために柔軟に連携

AppleがGoogleの元AI(人工知能)の責任者を採用するなど一部の分野では競争関係にありますが、Googleが運営するライブテレビサービス「YouTube TV」がAppleの「Apple TV」に対応するなど連携すべきところでは上手く連携しています。


Qetic



関連記事