閉園後の新宿御苑で Nike が一夜限りのスペシャルなスポーツイベントを開催



東京都新宿区と渋谷区にまたがるように位置し、老若男女から愛される都会のオアシス、新宿御苑。2018年10月13日(土)夜、そんな東京の繁華街に残された広大な森を舞台にした一夜限りの特別なスポーツイベント「Nike presents : 新宿御苑 AFTER DARK」の開催を〈Nike(ナイキ)〉が発表した。

夜の新宿御苑は、東京の繁華街に残された広大な森。旧皇室庭園として長い歴史を持つ同園は、普段は閉園後は一般立ち入りが一切禁止され、誰もその姿を見ることはできない未知の森ということができるだろう。そして「Nike presents : 新宿御苑 AFTER DARK」ではそんな厳かな新宿御苑を通常の閉園時間後に開放。光と音のインタラクションを用いた一夜限りの特別なスポーツ体験を提供することで、新宿の夜を華やかに彩るとのこと。

https---jp.hypebeast.com-files-2018-10-nike-presents-shinjukugyoen-after-dark-1.jpg

コンテンツとしては、ラン/ヨガ/トレーニングセッションを実施。公園内に設けられる、全長約2キロの特別なランニングコースでは、まるで時空をワープしているかのような巨大LEDフレームのトンネル、四方八方から放たれる光線、森の中に浮かび上がるネオンライト、細い一本のレーザービームなどといった様々な仕掛けが設置され、光と音がランナーにインタラクティブに反応し、夜のランニング体験を増幅。幻想的な光と音の演出による特別なヨガやダンス、トレーニングセッションは、新宿の摩天楼が望める広大な芝生エリアにて実施される。

また、当日はサッカーの永里優季選手、水泳の萩野公介選手、スケートボードの西村碧莉選手、バスケットボールの五十嵐圭選手と柏木真介選手、フェンシングの宮脇花綸選手と西藤俊哉選手、ラグビーの林泰基選手、陸上から400mハードルの青木沙弥佳選手と棒高跳びの澤野大地選手による10名のスペシャルゲストも登場予定とのこと。来場した先着2,000名には当日限定のオリジナルTシャツもプレゼントされるそうなので、このスペシャルで一夜限りのスポーツ体験に身を投じてみてはいかがだろうか。

Nike Presents: 新宿御苑 AFTER DARK
日程:10月13日(土)
時間:18:00 – 21:00(最終受付20:00)
場所/入場口:新宿御苑/大木戸門(東京都新宿区内藤町11)
参加費:無料
年齢制限:16歳以上(未成年の方は保護者の同意書が必要です)
応募締切:事前登録締め切り10月12日(金) 23:59
     当日も現地で登録すれば参加可能(GROUP RUNを除く)

- 参加方法
事前登録 or 当日登録(セッションによっては空き状況次第)
参加したいセッションを最大3つまで選択可能。

- 雨天時
雨天の場合、ランニングのセッションは実施。
トレーニングとヨガのセッションは中止します。

主催:新宿御苑・OPEN PARK プロジェクト実行委員会
   (カルチャー・ヴィジョン・ジャパン/ ライゾマティクス)
協賛:ナイキジャパン
協力:新宿御苑管理事務所

[問] NIKE カスタマーサービス
Tel:0120-6453-77


新宿御苑 AFTER DARK

HYPEBEAST



関連記事