『BACK TO BACK』Vol.6 Selected by アニメ音楽ディレクター 三浦華子



ジャンルを問わない各界の著名人に、お勧めする独自の’’最旬音楽’’Best3をピックアップしていただき次の選曲家を指名してもらってリレー方式で’'音楽の和''を繋げていく企画『BACK TO BACK』

Vol.6の今回は、前回のビートメイカー/プロデューサー A.G.O氏からのリレー、

アニメ音楽ディレクターの三浦華子氏にセレクトしていただきました!


・選曲理由

普段はアニメ主題歌などのディレクターやA&Rのお仕事をしてますが、音楽はかなりの雑食です。その中でも最近よく聴いているアーティストをピックアップしました。


DRAMA QUEEN / ASOBOiSM(2018)

ASOBOiSMを知ったのは超最近なのですが「スクランブルメンタル」という曲から。
たまたま朝の通勤中にSpotifyから流れてきて、その歌詞がその時の自分とすんごく重なって胸に突き刺さりました。基本的に自分はトラックと雰囲気重視で曲を聴くタイプなんですけど、わかりやすいリリックと、どこか可愛らしい声とシティポップサウンドっぽいエモいトラックで、これからも注目していきたいなとおもってます。


HANG GLIDE (AUDIO) / ANOMALIE & ROB ARAUJO(2017)

Anomalieも今年に入ってからですSpotifyで知りました。このあとに紹介するJacob Collierもですが、Jazzをベースにした楽曲がここ数年個人的に大好物で、Anomalieのメロディアスな旋律や、いつもいい意味で裏切ってくるサウンドメイキングにハマってます。
今年11/26には、なんと日本に初来日するらしく、これはみなさん要チェックですよっ!


Hajanga / Jacob Collier(2016)

 昨年NHKのあさイチに生出演したりで知ってる方も多いと思いますがJacob Collierを最後に紹介させてください。私はここ数年ずっと彼の虜で、今年も10月の来日公演行ってきました‥。
この動画を観てもおわかりかと思いますが、彼はピアノをはじめ、ベースやら、ギターやらパーカスやらなんでもマスターしてるんですよね、しかも超若いし。
彼のアルバムは何回聴いても飽きないし、聴くたびに新たな発見と驚きをくれます。
この記事を通して、Jacob Collierを初めて知った方はぜひ彼のfacebookページも観てみてください!


Profile

三浦華子

長崎県佐世保市出身のアラサー女子。
上は太郎と下は三郎の三人兄弟の真ん中。(太郎は神泉系バンド、フレンズの三浦太郎として活動中)
音楽好きの両親の影響をうけ、日々音楽と楽器に囲まれた生活をおくる。
大学進学を機に上京。機会があり在学中からレコード会社で4年間アルバイト、卒業後はGoon TraxやFabtone Recordsなどを運営するインディーズレーベルに就職。
大学ホームページ制作を独学で勉強したスキルでこれまでに20以上のアーティスト、レーベルサイトを企画、デザイン、制作、運営までを行う。
営業、プロモーター、音楽出版管理の経験をへて、2016年夏からアニソン業界で、アニメ主題歌の音楽ディレクターや、オーイシマサヨシ、OxTなどのアーティストを担当。2019年からは三重県でのんびり暮らす予定。



関連記事