【なんでも薬膳鑑定団 】vol.1 薬膳料理研究家ヤマグチヒロによるコラム

なんでも薬膳鑑定団 1弾

『フレッシュネスバーガー』

picture_pc_bbc75352419949a021d67784fec60bae.jpg

何でも薬膳鑑定団!ついに始まりました!
『薬膳』というフィルターを通して現代食の効能を読み解いていくこの企画。

いや、そもそも薬膳って何よ?って思ったそこのあなた!

・・・ですよね。
薬膳っていえば火鍋くらいしか思い浮かばないですよね。

食材には何にだって"効能"があり、目的に合わせて効能を組み合わせて作る料理が薬膳料理なのです。
なので、実は"薬膳"と言われていない料理にもすべて効能があるんです。

どうですか?ちょっと知りたくなってきましたか??

それでは第1弾!フレッシュネスバーガーの巻。
いってみましょ~~!

みなさん、フレッシュネスバーガーは好きですか?
関東を中心に、180店舗ほどあります。
ジャンクフードの中のなんとなく格上?
でも金額はそんなに高くない、老若男女が足を運ぶ庶民的なハンバーガージョップとして街に馴染んでいるように見えます。

今日はそんな中から、フライドポテトとベーコンオムレツバーガー、アイスコーヒーを読み解いて行こうとおもいます。

まずは、ベーコンオムレツバーガー!
使われているものは、小麦のバンズ、オムレツの中の卵、玉ねぎ、牛乳、ベーコン、レタス、ケチャプ、マスタードですね。

picture_pc_f19fea1a2dc86c65a6084d570aacb57a.jpg

▪️数が多いので効能を箇条書きにしてみます☝️小麦・・エネルギーを補給、胃腸を丈夫にする。
卵・・血を養い、身体の機能をたかめる。
玉ねぎ・・胃腸を温めて気の巡りをよくする。
牛乳・・身体を丈夫に、肌を潤す。
ベーコン(豚肉)・・身体を潤し、回復させる。
レタス・・体内の熱をさげて気分をさっぱりさせる。
マスタード(からし)・・肺を温めて気の巡りをよくする。

こう見ると、ベーコンとオムレツの入ったハンバーガーはエネルギー補給や肌、身体を潤すことができる食べ物と言えます。

次は、フライドポテト!

picture_pc_4f6099219ef1a46837405738fcc21b82.jpg

じゃがいもを使用していますよね。
じゃがいも・・胃腸を丈夫にして整える。
油が多いので食べすぎ要注意ですが、基本はじゃがいもは胃腸を丈夫にしてくれるんです。

そしてアイスコーヒー!

picture_pc_02fd973001876a954d1b83d977a203a6.jpg

コーヒー豆・・利尿作用、脳の働きをよくする。飲み過ぎはカフェインの摂り過ぎになるので注意が必要ですが、脳の働きを高めて気分がよくなる作用があります。

みなさん、どうですか??
ジャンクフードだとおもって食べていたハンバーガーやフライドポテト、アイスコーヒーにも実はこういう効能があったんです!!
(某大企業の有名なハンバーガーなどはトランス脂肪酸や添加物が多く実際何が入っているかわからないため効能が謳えないことがあります。)

さて。次回はどこにいこう!リクエストも受け付けてます~

このコラムはあくまで中医学の見解から、ラフに食べ物の効能を読み解いていきます。
必ずしもこれに効きます!とか1つの商品を食べ続けて臨床に基づいたものなどではありません。読み物として楽しんでいただけたら幸いです。

スクリーンショット_2018-09-04_21.09.05.png

●著者プロフィール

ヤマグチ ヒロ  薬膳料理研究家

1984年、京都の片田舎にやけに甲高い産声とともに産まれる。

それ以来、声の高さでは林家パー子に引けを取らないレベルまで上り詰めた。

文化的なものよりも、「食べる」ことに執着していた高校生時代は「美味しいもの」をただ探求していたが、ある大切な人を亡くす経験により「食」の大切さを改めて感じるようになる。

「健康」ということ、「生きる」ということ、【命】は「食べること」ととても密接だということ。

それを機に調理師学校へ入学、食べて健康になれる「薬膳料理」を学び、20代で食事と音楽、アートなどを繋いだイベントの企画・運営に参加。

30代に突入してからは、雑誌、アプリなどのレシピ提案、新店舗立ち上げのメニュー開発など、多岐に渡り活動している。

【取得免許】 国家調理師免許 中国薬膳研究会認定国際薬膳調理師免許

関連記事